検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Resonance characteristics and maximum turn voltage of JT-60SA EF coil

JT-60SA EFコイルの共振特性と最大ターン間電圧

村上 陽之; 木津 要; 土屋 勝彦; 吉田 清; 山内 邦仁; 島田 勝弘; 寺門 恒久; 松川 誠; 長谷川 満*; 湊 恒明*; 佐古 勝久*

Murakami, Haruyuki; Kizu, Kaname; Tsuchiya, Katsuhiko; Yoshida, Kiyoshi; Yamauchi, Kunihito; Shimada, Katsuhiro; Terakado, Tsunehisa; Matsukawa, Makoto; Hasegawa, Mitsuru*; Minato, Tsuneaki*; Sako, Katsuhisa*

超伝導コイルの開発において、ターン間絶縁の耐電圧特性は重要な設計パラメータである。しかし実機コイルのターン間電圧は、電源の電圧変動やコイル内の共振現象により、理想的に電圧が分布した場合に比べ局所的にターン間電圧が高くなる危険性が指摘されている。そこで電源の電圧変動を評価するためJT-60SAと同等の大型電源であるJT-60Uの電源電圧測定を実施した。また、コイル内の共振現象を把握するため、EF4ダミーパンケーキを用いた共振特性試験及び数値解析によりEFコイルの共振特性を評価した。これらの結果、実際のターン間電圧は理想的な電圧分布から大きく外れないことが確認できた。

The withstand voltage of turn insulation is essential issues for the superconducting magnet. The actual turn voltage is larger than the turn voltage under the ideal condition because of the voltage fluctuations of the power supply and the resonance phenomenon in the magnet. In this paper, the voltage measurement of the JT-60U power supply and the resonance characteristics of the EF4 are described. The actual maximum turn voltage is almost same as the voltage under the ideal condition.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:69.2

分野:Engineering, Electrical & Electronic

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.