検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Measurement of deposit energy distribution of heavy ions using a wall-less tissue equivalent proportional counter

Wall-less型組織等価比例計数管を用いた重荷電粒子に対するエネルギー付与分布測定に関する研究

津田 修一; 佐藤 達彦; 佐藤 大樹; 高田 真志*

Tsuda, Shuichi; Sato, Tatsuhiko; Satoh, Daiki; Takada, Masashi*

重荷電粒子に対する生物学的影響を評価するうえで、重荷電粒子ビームの飛跡及びその近傍におけるエネルギー付与分布データは重要な情報である。本研究では、機構で開発した壁なし型組織等価比例計数管を用いて、290MeV/u炭素及び500MeV/u鉄ビームの飛跡沿いに生成される高エネルギー電子を含めたエネルギー付与分布データ測定を実施した。平成23年度に新たに導入したビームモニタによって、比例計数管に入射する重荷電粒子ビーム数を測定することが可能となり、これまでより精度のよいエネルギー付与分布データを取得できた。その結果、入射ビームによって二次的に生成される高エネルギー電子のエネルギー付与分布は、入射ビームと検出器までの距離によって異なることを実験的に明らかにした。

Radial dose distribution for 290 MeV/u carbon and 500 MeV/u iron ions were measured. It is found experimentally that radial dose distributions depend on the distance from the incident beam trajectory.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.