検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

リアルタイム多機能入域システム

Real-time multi-function entry / exit management system

檜山 和久; 黒澤 昭彦; 浅野 典一; 尾上 龍次; 江口 祥平; 塙 信広; 堀 直彦; 植田 久男; 神田 博明*

Hiyama, Kazuhisa; Kurosawa, Akihiko; Asano, Norikazu; Onoue, Ryuji; Eguchi, Shohei; Hanawa, Nobuhiro; Hori, Naohiko; Ueda, Hisao; Kanda, Hiroaki*

原子力施設の管理区域に入域して作業に従事する者の安全管理では、今後、事故の未然防止及び事故の拡大防止を図るために、より高度に機能が統合された管理システムが望まれる。日本原子力研究開発機構照射試験炉センターは、日立アロカメディカルと共同取得した特許に基づき、革新的な入域者の被ばく管理と位置情報を取得できる「リアルタイム多機能入域管理システム」を開発し、大洗研究開発センターの材料試験炉(以下、「JMTR」という。)に設置した。リアルタイム多機能入域管理システムは、入域者に携帯させる携行器、携行器よりのデータを受信する各種無線機器、受信したデータを収集管理するサーバーにて構成され、現在、どの部屋のどの辺りに誰がいて、健康状態に問題がないか、どの程度の被ばく線量かがわかり、その情報を現場作業者相互間、さらには原子炉建屋外にいる者と原子炉建屋内にいる者の相互間で共有できるシステムである。本報告は、JMTRへのシステム導入についてまとめたものである。

In order to prevent radiation accident and its expansion, more integrated management system is required to safety management for radiation workers in the nuclear facilities. Therefore, JAEA (Japan Atomic Energy Agency) and HAM (Hitachi Aloka Medical, Ltd) have developed innovative real-time multi-function entry/exit management system which managed worker's exposed dose and position under the joint developed patent. This system is sharing worker's data among workers and server manager who is inside of or outside of building, such as worker's positing, health condition and exposed dose. It consists of mobile equipments, receivers, LAN, and servers system. This report summarizes the system to be installed in the JMTR.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.