検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Status report on technical developments of the JAEA AVF cyclotron

原子力機構AVFサイクロトロンにおける技術開発の現状報告

倉島 俊; 柏木 啓次; 宮脇 信正; 奥村 進; 吉田 健一 ; 百合 庸介; 湯山 貴裕; 石坂 知久; 石堀 郁夫; 奈良 孝幸

Kurashima, Satoshi; Kashiwagi, Hirotsugu; Miyawaki, Nobumasa; Okumura, Susumu; Yoshida, Kenichi; Yuri, Yosuke; Yuyama, Takahiro; Ishizaka, Tomohisa; Ishibori, Ikuo; Nara, Takayuki

原子力機構AVFサイクロトロンではビームの迅速切換や品質の向上などを目指してさまざまな技術開発を行っている。サイクロトロンのアクセプタンスの全領域を明らかにするために、入射ラインに設置されているスキャナ電流とアクセプタンス計測を連動して行う装置の開発を進めた。ビームの位相幅はエネルギー幅を決定する重要なパラメータであり、ビームバンチャーの有無でどのように変化するのかをプラスティックシンチレータを用いて計測した。その結果、ビーム位相の全幅は変化しないが入射ビームの圧縮により半値幅,引き出し効率は改善されることがわかった。新たなビーム迅速切換技術としてスケーリング法の導入を進めている。等時性磁場を短時間で形成するため、位相プローブによる計測システムを自動化した。その結果、数分で等時性磁場を形成し、20分程度でビームを切り換えることに成功した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.