検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Lrの第一イオン化電位測定を目的としたガスジェット結合型表面電離イオン源の開発,2

Development of a gas-jet coupled surface ion source of ISOL for measurement of the first ionization potential of Lr, 2

金谷 佑亮*; 佐藤 哲也; 園田 望; 浅井 雅人; 塚田 和明; 豊嶋 厚史; 大江 一弘; 宮下 直; 永目 諭一郎; Sch$"a$del, M.; 長 明彦; 市川 進一; Stora, T.*; Kratz, J. V.*

Kaneya, Yusuke*; Sato, Tetsuya; Sonoda, Nozomi; Asai, Masato; Tsukada, Kazuaki; Toyoshima, Atsushi; Oe, Kazuhiro; Miyashita, Sunao; Nagame, Yuichiro; Sch$"a$del, M.; Osa, Akihiko; Ichikawa, Shinichi; Stora, T.*; Kratz, J. V.*

103番元素ローレンシウムの第一イオン化エネルギーを求めるため、表面電離法による測定法の確立を目指し、新たなイオン源の開発を進めている。原子力機構タンデム加速器において、短寿命希土類核種を用いたオンライン実験を行ったところ、本手法で得られた値と文献値の差が、元素の沸点が高いほど大きくなるという傾向を得た。この沸点依存性は、イオン源内に低温部が存在するなど温度の不均一性に由来すると考えられる。そのため、イオン源温度をより高温・均一化する加熱用フィラメントの増設並びにヒートシールドの改造等を行った。その結果、希土類元素のイオン化エネルギー測定に成功した。

In order to determine the first ionization energy of lawrencium (Lr, ${it Z}$ = 103), we have developed a new surface ionization ion source coupled to a gas-jet transport system in ISOL (Isotopes Separator On-Line) at the JAEA tandem accelerator facility. On-line experiments with short-lived lanthanide isotopes using the new ion-source were performed. It would be confirmed that the ionization energy of lanthanide which boiling point is up to 3000$$^{circ}$$C can be determined.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.