検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Beam power and residual dose history of J-PARC RCS

J-PARC RCSのビーム出力及び線量の推移

山本 風海  ; 發知 英明 ; 原田 寛之 ; 林 直樹 ; 金正 倫計 ; Saha, P. K.  ; 田村 文彦  ; 山本 昌亘  ; 吉本 政弘 ; 中根 佳弘 ; 関 一成; 宮本 幸博 

Yamamoto, Kazami; Hotchi, Hideaki; Harada, Hiroyuki; Hayashi, Naoki; Kinsho, Michikazu; Saha, P. K.; Tamura, Fumihiko; Yamamoto, Masanobu; Yoshimoto, Masahiro; Nakane, Yoshihiro; Seki, Kazunari; Miyamoto, Yukihiro

J-PARC施設の3GeVシンクロトロンは2007年10月からビーム調整を開始した。その後、ビーム調整を進めることで出力ビーム強度は増強され、2009年10月から100kW以上の出力で中性子ターゲットへの陽子ビーム連続供用運転が行われている。また、さらなる大強度運転のためにビーム調整を継続し、新たに発生するようになったビームロスの原因を探り、その対策を進めてきた。その結果、われわれは3GeVシンクロトロン内のロスを低減し、安定な運転を達成することができた。本論文では、これまでに達成した出力ビーム強度と残留線量の履歴について報告する。

A 3 GeV rapid cycling synchrotron (RCS) at J-PARC was commissioned in October 2007. Afterwards, the beam intensity was increased through a beam study, and the RCS has continuously provided a proton beam $$>$$ 100 kW to the neutron target since October 2009. With renewed efforts brought about by beam commissioning, we have reduced losses in the RCS and achieved low-loss operation. We present the history of the operational beam power and the residual dose distributions after operation.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.