検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Bounding analysis of uplift and erosion scenario for an HLW repository

高レベル放射性廃棄物地層処分の隆起・侵食シナリオに対するBOUNDING解析

若杉 圭一郎; 仲島 邦彦*; 注連本 英典; 柴田 雅博; 山口 正秋

Wakasugi, Keiichiro; Nakajima, Kunihiko*; Shimemoto, Hidenori; Shibata, Masahiro; Yamaguchi, Masaaki

我が国において隆起・侵食は、不回避な天然現象の一つとしてシナリオで考慮する必要がある。また、現時点では評価時間のCut-offが定められていないため、超長期の影響も含めた隆起・侵食シナリオに対する評価の信頼性向上が求められている。このため、本研究では、我が国の地質・地形的特徴を考慮したより現実的な評価モデルを設定し、隆起と河川侵食を考慮した安全評価を実施した。さらに、仮想的な線量基準を満たすパラメータの組合せを把握するために、隆起・侵食速度及び透水量係数に着目したBounding解析を実施した。その結果、本解析条件のもとでは、余裕深度処分の安全評価基本シナリオへの線量目安値(10$$mu$$Sv/y)を満たすパラメータの組合せは見いだせなかったものの、すべてのケースにおいて、変動ケースの目安値である300$$mu$$Sv/yを下回った。さらに詳細分析から、EBSからの放出を加速させても、母岩の安全機能により、核種が処分場近傍に留まることが示された。この結果、隆起・侵食の影響は、原則的に適切なサイト選定と設計によって回避されるべきであり、処分場が地下深部に留まっている間の核種の減衰を期待するしかないことが再確認された。

In Japan, uplift and erosion scenarios must be analysed since this natural phenomena would be inevitable at most sites in Japan. It's increasingly important to enhance the confidence of the assessment for the uplift and erosion scenarios, as no assessment cut-off times have yet been defined. In this context, this study carried out bounding analysis to find out parameter conditions to satisfy hypothetical dose criteria. The results show that there are no cases that satisfy 10 microSv/y. However, all cases are below 300 microSv/y. The discussion also implies that to accelerate the release from the EBS for minimising the dose in later phase is inadequate and ineffective at all, due to multiple barriers and multiple safety functions. In principal, the influence of uplift and erosion should be reduced by appropriate site selection and design as much as possible to ensure the sufficient nuclides decay while the repository is staying at the deep underground.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.