検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

$$mu$$Sv/h線量率領域の$$gamma$$線校正場の構築と運用例

Development of low-dose rate $$gamma$$ calibration field in the range of $$mu$$Sv/h and its application to calibration of dosimeters

吉富 寛  ; 西野 翔  ; 川井 啓一; 海野 和重; 古渡 意彦; 谷村 嘉彦  ; 吉澤 道夫 

Yoshitomi, Hiroshi; Nishino, Sho; Kawai, Keiichi; Umino, Kazushige; Kowatari, Munehiko; Tanimura, Yoshihiko; Yoshizawa, Michio

福島第一原子力発電所事故由来の汚染環境下での空間線量率はおおむね数$$mu$$Sv/h以下である。これを測定する目的で普及した簡易型線量計に関して、測定値の信頼性が問題視されている。信頼性の確保には、トレーサビリティの確保された校正場における校正が必要である。しかしながら、このような低線量率域で利用できる信頼性の高い光子校正場がなかった。そのため、台上に強度の校正がなされていない線源を用い、線量計を一定の距離に置いて、散乱成分を考慮せず校正した事例もみられた。そこで、原子力機構放射線標準施設(FRS)では、トレーサビリティを確保した$$mu$$Sv/h線量率領域の$$gamma$$線校正場を構築し、簡易型線量計の特性試験を実施した。発表では、散乱線の寄与を含め、場の基準線量率の評価が簡易線量計の校正に与える影響を議論する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.