検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

北海道幌延地域に分布する堆積岩中のU, Thおよび微量元素の存在形態

Chemical forms of uranium, thorium and trace elements in sedimentary rocks distributed in Horonobe area, Hokkaido

小瀬村 隆*; 本多 照幸*; 水野 崇; 村上 裕晃 ; 野村 雅夫*

Kosemura, Takashi*; Honda, Teruyuki*; Mizuno, Takashi; Murakami, Hiroaki; Nomura, Masao*

北海道幌延町において掘削したボーリング孔(HDB-6孔)から得られた岩石試料を用いて、断層部における希土類元素の存在形態を推測した。その結果、UやThは主に硫酸塩態として、希土類元素は主に珪酸塩態として断層部に存在していることが確認された。

We Analyze existence form of REE in the rock from HDB-6 borehole at the Horonobe Town, Hokkaido. As a result, U and Th is mainly sulfate at fault. REE is mainly silicate at fault.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.