検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Electrode reaction of actinide ions in a weak acidic solution

弱酸性溶液中のアクチノイドイオンの電極反応

北辻 章浩 ; 音部 治幹 ; 木村 貴海 

Kitatsuji, Yoshihiro; Otobe, Haruyoshi; Kimura, Takaumi

弱酸性溶液中のウランの酸化還元電極反応をサイクリックボルタンメトリーにより調べた。U(VI)からU(V)への還元電流はpH4までの溶液では明瞭に観測できる。pH4の溶液中では、U(VI)の還元により生成する化学種の電極への吸着反応がサイクリックボルタモグラム上に観測された。この吸着種は+0.2Vと比較的負電位で酸化電流を与えることがわかった。pH2.9の溶液中ではU(V)は比較的安定に溶存するが、静置後30分経過すると凝集反応が急激に進み、電気化学測定でも分光測定でもU(V)が観測されなくなった。生成した凝集相をろ過により分離しX線回折により調べたところ、UO$$_{2}$$であることがわかった。この凝集相はU(V)の不均化により生成し、UO$$_{2}$$が共存するときにとりわけ生成速度が大きくなることがわかった。

Electrode reactions of U(VI) in weak acid solution are different from those in acid solution. Electrolysis of U(VI) can produce UO$$_{2}$$ fine crystal, not hydrolyzed U(IV). The formed UO$$_{2}$$ is easily deposited on an electrode and is electrode active.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.