検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Studies of ion-exchange chromatographic behavior of Rf and Db using automated rapid chemical separation apparatuses in JAEA

原子力機構における自動迅速分離装置を利用したRf及びDbのイオン交換挙動研究

塚田 和明 ; 豊嶋 厚史; 浅井 雅人 ; 笠松 良崇*; Li, J.*; 石井 康雄; 羽場 宏光*; 佐藤 哲也  ; 永目 諭一郎 ; Sch$"a$del, M.

Tsukada, Kazuaki; Toyoshima, Atsushi; Asai, Masato; Kasamatsu, Yoshitaka*; Li, J.*; Ishii, Yasuo; Haba, Hiromitsu*; Sato, Tetsuya; Nagame, Yuichiro; Sch$"a$del, M.

原子力機構における104番元素ラザホージウム及び105番元素ドブニウムのイオン交換挙動に関する研究について報告する。本研究では、加速器で合成されるトレーサー量の原子を対象に、数分以内に迅速に自動分離が可能な実験装置を開発することで、様々な水溶液系におけるイオン交換クロマト挙動を観測することが可能になった。その結果、塩酸及び硝酸,硫酸,フッ化水素酸水溶液系における同族元素とのイオン挙動の比較から、ラザホージウム及びドブニウムの錯イオン形成に関する興味深い情報を得ることができた。

We will report studies of ion-exchange chromatographic behavior of element 104, rutherfordium (Rf), and element 105, dubnium (Db), in JAEA. The experiments based on an atom-at-a-time scale have been performed using an automated rapid ion-exchange separation apparatuses, AIDA and AIDA-II. We have found interesting information for the complex formations of Rf with chloride, nitrate, sulfate, and fluoride ions and Db with fluoride ions in aqueous solutions.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.