検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

カプトン中陽電子寿命の電場効果

Electric field effects on positron annihilation lifetime in kapton

酒井 弘明; 峯井 俊太郎; 平出 哲也 ; 大島 永康*; 小林 慶規*; 木野村 淳*; 鈴木 良一*

Sakai, Hiroaki; Minei, Shuntaro; Hirade, Tetsuya; Oshima, Nagayasu*; Kobayashi, Yoshinori*; Kinomura, Atsushi*; Suzuki, Ryoichi*

高分子に、絶縁破壊程度まで高電場を印加した場合、ポジトロニウム(Ps)形成が著しく増大すると報告されている。この著しい増大は、陽電子トラックのターミナルスパー内で熱化した陽電子と過剰電子の反応でPsが形成するとする、スパー反応モデルで説明することは難しい。今回、電場なしではPs形成が起こらない、つまり、スパー反応モデルではPs形成が起こらない、ポリイミド(カプトン)中において、絶縁破壊付近までの高電場を印加した際の効果を調べた。その結果、絶縁破壊付近でも、Ps形成は認められず、Psを形成しない陽電子(自由陽電子)の寿命が長くなる傾向が見られ、これは自由陽電子のドリフトによって起こっていると考えられる。また、過去の報告における解釈が、誤っていた可能性が示された。

It was reported that positronium (Ps) formation probability was enhanced very much with very high electric fields. The spur reaction model can not explain this Ps formation. We tried to investigate this Ps formation with high electric fields in polyimide (kapton) that has no Ps formation with no electric field. Then we found out that Ps formation was not possible even at high electric fields. However, the annihilation lifetime of free positrons was elongated and it was probably caused by the positron drift movement.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.