検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Research and development activities for transmutation physics experimental facility in J-PARC

J-PARC核変換物理実験施設についての研究開発活動

菅原 隆徳  ; 岩元 大樹  ; 西原 健司 ; 辻本 和文 ; 佐々 敏信  ; 大井川 宏之 

Sugawara, Takanori; Iwamoto, Hiroki; Nishihara, Kenji; Tsujimoto, Kazufumi; Sasa, Toshinobu; Oigawa, Hiroyuki

加速器駆動核変換システム(ADS)に代表されるマイナーアクチノイド(MA)核変換システムの核設計精度向上や、ADSの運転制御性などを検証することを目的に、核変換物理実験施設(TEF-P)の建設を計画している。TEF-Pは、MA装荷が可能な臨界集合体であり、またJ-PARCの陽子ビームを用いた実験も可能である。本研究では、TEF-Pに関する最新の研究開発活動として、MA燃料取扱に関する検討およびMA装荷実験を行った時の核設計精度向上効果を紹介する。核設計精度向上については、約30kgのMAを用いることで核データ起因不確かさを大きく低減できることを示した。

The Japan Atomic Energy Agency (JAEA) has the plan to construct Transmutation Physic Experimental Facility (TEF-P) under a framework of J-PARC (Japan Proton Accelerator Research Complex) project. TEF-P is a critical assembly which can load Minor Actinide (MA) fuels to perform reactor physics experiments for transmutation systems such as Accelerator-Driven System (ADS) or Fast Reactor (FR). The facility can also use proton beam from the J-PARC accelerator to investigate the controllability of ADS. Cur-rent status and activities for TEF-P are described.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.