検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

地中レーダにより推定した森林土壌の分布と放射性セシウムの深度分布の関連性

The Relation between imaging of soil structure with GPR and depth profile of radioactive cesium

渡辺 貴善 ; 三田地 勝昭; 阿部 寛信 ; 新里 忠史 

Watanabe, Takayoshi; Mitachi, Katsuaki; Abe, Hironobu; Niizato, Tadafumi

東京電力福島第一原子力発電所事故により放出された放射性セシウムは、山林や市街地に降下した。日本原子力研究開発機構では「福島長期環境動態研究プロジェクト」(以下、F-TRACEプロジェクト)を2012年11月に開始し、現時点における放射性セシウムの分布状況とともに、森林域から流出する放射性セシウムが生活圏や河川,河口域へと移動する状況を明らかにし、それらを踏まえた放射性セシウムの空間的及び時間的な変化に係る将来予測と移動抑制対策の提案を目的とした研究を行っている。F-TRACEプロジェクトの森林調査では、川内村下川内地区と川俣町山木屋地区を調査地点に選定し、2012年12月から植生や土壌断面,空間線量率等の現地調査、採取した落ち葉と土壌に含まれる放射性セシウムの分析を進めている。本論では、放射性セシウムの移動現象に係る諸条件のうち森林内の土壌分布について、地中レーダ探査、貫入式土壌硬度計データ及び現地での土壌断面調査から推定される結果とともに、深度方向における放射性セシウム分布との関連性について報告する。

Radionuclides such as radioactive cesium, now the main radiological contributor, were released in the environment by the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident. Japan Atomic Energy Agency initiated a project entitled "Long-Term Assessment of Transport of Radioactive Contaminant in the Environment of Fukushima" (F-TRACE project) in November 2012. To understand radioactive cesium transport in forest, we have conducted forest investigation at Ogi district, Kawauchi Village and Yamakiya district, Kawamata Town, Fukushima Prefecture since December 2012. As a part of the investigation, we carried out geophysical exploration of soil structure with ground penetrating radar (GPR) with 100 MHz and 500 MHz radio wave. In this presentation, we report correlation between imaging of soil structure obtained by GPR survey and depth profile of radioactive cesium in soil.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.