検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

The First successful determination of the first ionization potential of lawrencium (Lr, $$Z = 103$$)

103番元素ローレンシウムの第一イオン化エネルギー測定

佐藤 哲也  ; 浅井 雅人 ; 佐藤 望; 金谷 佑亮; 豊嶋 厚史; 宮下 直*; 大江 一弘*; 長 明彦 ; 市川 進一; 永目 諭一郎; Sch$"a$del, M.; Renisch, D.*; Stora, T.*; D$"u$llmann, Ch. E.*; Kratz, J. V.

Sato, Tetsuya; Asai, Masato; Sato, Nozomi; Kaneya, Yusuke; Toyoshima, Atsushi; Miyashita, Sunao*; Oe, Kazuhiro*; Osa, Akihiko; Ichikawa, Shinichi; Nagame, Yuichiro; Sch$"a$del, M.; Renisch, D.*; Stora, T.*; D$"u$llmann, Ch. E.*; Kratz, J. V.

表面電離イオン化過程におけるイオン化効率は、イオン化を担う金属表面の温度と対象となる原子の第一イオン化エネルギーに依存することが知られている。すなわち、同過程におけるイオン化効率を実験的に求めることができれば、イオン化エネルギーを決定することができる。我々は、ガスジェット結合型表面電離イオン源を用いて、低生成断面積・短寿命のためにイオン化エネルギーが測定されていない重アクチノイド元素ローレンシウム(Lr)のイオン化効率を測定することに成功した。希土類元素のイオン化効率測定により得られたイオン化エネルギーとイオン化効率の相関関係から、Lrの第一イオン化エネルギーを決定したので報告する。

The first ionization potential of the heaviest actinide elements have not been measured until today owing to short half-lives and low production rate of the isotopes. Based on the surface ionization technique, we performed a measurement of the ionization potential of the heaviest actinide element, lawrencium (Lr, $$Z = 103$$), by using a newly developed surface ion-source installed to the JAEA-ISOL (Isotope Separator On-Line) at the JAEA tandem accelerator facility. We report on an evaluation of the IP value of Lr based on comparison of ionization behavior of short-lived lanthanide isotopes and $$^{256}$$Lr on Ta surface at several temperature in the ion-source.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.