検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

「ふげん」の施設解体を考慮したクリアランスの適用及び評価技術の整備,3; 放射能濃度評価方法の構築と今後の展開

Application for clearance system and construction of evaluation technology in consideration for dismantlement of Fugen, 3; Construction of evaluation method of radioactivity and the future plan

林 宏一; 副島 吾郎; 水井 宏之; 佐野 一哉

Hayashi, Hirokazu; Soejima, Goro; Mizui, Hiroyuki; Sano, Kazuya

「ふげん」施設の汚染状況調査結果を踏まえ、クリアランス対象物の評価対象10核種の放射能濃度評価方法を構築し、クリアランス制度を適用するタービン設備の放射能濃度を適切に評価できることを確認した。今後は、タービン設備以外の解体撤去物等にもクリアランスの適用範囲を拡大するため、施設の汚染状況調査によるデータを蓄積し、合理的な放射能濃度評価方法を整備していく計画である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.