検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

「ふげん」の原子炉解体手順策定のための実機試料採取計画,1; 原子炉解体方法設定に対する課題及びその方策

Sampling plan of reactor structure for setting of the dismantling procedure in Fugen, 1; Challenges and their measures reflecting to the reactor dismantlement method

毛利 直人; 岩井 紘基; 中村 保之

Mori, Naoto; Iwai, Hiroki; Nakamura, Yasuyuki

「ふげん」の原子炉本体は、放射能レベルが高いことから被ばくの低減等を考慮して、遠隔水中にて解体する計画である。原子炉本体の放射能インベントリは、原子炉解体用プールの水深等の仕様、廃棄体作成に影響を与えることから、放射能量を把握することが必要不可欠である。このため、「ふげん」では、放射化計算による放射能インベントリ評価の精度向上を目的に、実機構造材から採取した実測データと放射化計算結果を比較・評価するとともに、その結果を原子炉の安全かつ合理的な解体方法設定に反映する計画である。本発表では、原子炉解体方法を設定する上での課題及びその方策について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.