検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

「ふげん」の施設解体を考慮したクリアランスの適用及び評価技術の整備,1; 施設の汚染状況調査と解体計画への反映

Application for clearance system and construction of evaluation technology in consideration for dismantlement of Fugen, 1; Investigation of contamination and reflection to the dismantlement plan

副島 吾郎; 林 宏一; 水井 宏之; 佐野 一哉

Soejima, Goro; Hayashi, Hirokazu; Mizui, Hiroyuki; Sano, Kazuya

「ふげん」では、施設の設備・機器等の代表箇所から汚染試料を採取し、核種分析の結果を施設の解体計画に反映する汚染状況調査を継続して実施している。これまでの調査結果から、原子炉本体近傍を除く大部分の設備・機器等の汚染はクリアランス相当と評価できる。これらの評価結果を踏まえ、施設の汚染レベルに応じた区分を適切に行い、放射性廃棄物の発生量を低減するとともに、解体撤去工事を合理的に進めていく計画である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.