検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Beam monitors for the commissioning of energy upgraded linac

J-PARCリニアックのエネルギー増強におけるビームモニタ及びコミッショニング

三浦 昭彦; 丸田 朋史*; Liu, Y.*; 宮尾 智章*; 川根 祐輔; 大内 伸夫; 小栗 英知; 池上 雅紀*; 長谷川 和男

Miura, Akihiko; Maruta, Tomofumi*; Liu, Y.*; Miyao, Tomoaki*; Kawane, Yusuke; Ouchi, Nobuo; Oguri, Hidetomo; Ikegami, Masanori*; Hasegawa, Kazuo

J-PARCリニアックでは、2009年より新しく設置されたACS(Annular-ring Coupled Structure)空洞を用いて、ビームエネルギーを400MeVに増強するプロジェクトを進め、2013年度には、リニアックで400MeVの利用運転を開始した。ビームエネルギーの増加に伴い、新しい加速空洞を設置する部位に対し、リニアックのチューニングに使用するビームモニタを製作し、設置した。また、2013年12月より実施した加速器のチューニングにおいて、製作したビームモニタを用いてTOF(Time Of Flight)法などによるビームエネルギー測定、ビームを用いた位置モニタの設置位置校正などの性能確認を実施した。ここでは、ビームモニタの製作において得られた知見、ビームモニタを用いた加速器のチューニングの方法を説明するとともに、ビーム運転で得られた成果のうち、ビームモニタの性能を示す結果を紹介する。

In the J-PARC Linac, an energy upgrade project has started since 2009 using Annular-ring Coupled Structure cavities to achieve design beam power of 1 MW at the exit of the downstream rapid cycling synchrotron. Linac beam parameters of the upgraded Linac is drastically improved especially for the beam energy from 181 to 400 MeV in the project. To meet with the significant upgrades of the Linac, beam monitors to be used for the upgraded beam line are newly designed and fabricated as well as the beam monitor layout is designed with the consideration to the beam commissioning strategies. This paper introduces the beam monitor layout in the new beam line and the commissioning results to confirm the beam monitor functioning.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.