検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

山地の森林域における放射性セシウムの移動現象と流出量評価; 福島県、阿武隈山地の事例

Environmental dynamics of radiocaesium and its outflow flux in the mountain forest; Abukuma Mountains, Fukushima

新里 忠史 ; 阿部 寛信 ; 石井 康雄; 渡辺 貴善 ; 三田地 勝昭

Niizato, Tadafumi; Abe, Hironobu; Ishii, Yasuo; Watanabe, Takayoshi; Mitachi, Katsuaki

福島県内に残存する事故由来の放射性物質のうち、事故から3年以上が経過した現在、空間線量率を支配しているのは放射性セシウム(Cs-134, Cs-137)である。Cs-134の半減期は2年と短いものの、Cs-137の半減期は約30年と長いことから、今後長期にわたり放射線による影響に注視する必要がある。生活圏については、現在順次除染が進められているが、現在の主な未除染域である山地の森林域は、その下流に位置する河川やダム湖等の環境に対して放射性セシウムの供給源になる可能性がある。生活圏での将来にわたる被ばく線量の評価においては、放射性セシウムの現在の環境動態や分布を明らかにするとともに、それらを踏まえた放射性セシウムの将来分布の予測が重要となる。本報告では、福島県内の阿武隈山地の山地森林において実施した調査観測に基づいた2013年夏期における放射性Cs流出率の概算結果を報告する。

Environmental dynamics of radiocaesium and its outflow flux are crusial issues for the remediation of the Fukushima environment affected by contamination of the fall out of Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident. This paper presents the current status of field investigation and monitoring related to the dynamics and outflow flux of radiocaesium in the mountation forest, Abukuma Mountains, Fukushima, Japan.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.