検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Proceedings of the 2013 Symposium on Nuclear Data; November 14-15, 2013, Research Institute of Nuclear Engineering University of Fukui, Tsuruga, Fukui, Japan

2013年度核データ研究会報告集; 2013年11月14日$$sim$$11月15日,福井大学附属国際原子力工学研究所,福井県敦賀市

山野 直樹*; 岩本 修; 中村 詔司; 国枝 賢; Van Rooijen, W.*; 小浦 寛之 

Yamano, Naoki*; Iwamoto, Osamu; Nakamura, Shoji; Kunieda, Satoshi; Van Rooijen, W.*; Koura, Hiroyuki

2013年核データ研究会は、2013年11月14日から15日にかけて、福井県敦賀市の福井大学附属国際原子力工学研究所にて開催された。本研究会は日本原子力学会核データ部会と福井大学附属国際原子力工学研究所の主催、日本原子力研究開発機構原子力基礎工学研究センターおよび日本原子力学会中部支部の共催の下、4つのトピックス:「中性子断面積測定と解析」、「核データの応用」、「核データ測定と理論における最近のトピックス」、「高エネルギー核反応研究の進展」に関する講演・議論が行われるとともに、実験、評価、ベンチマークテスト、応用に至る幅広い分野のポスター発表が行われた。さらに、崩壊データ評価と核分裂の物理に係る2件のチュートリアルも実施された。参加総数は64名で、盛況のうちに全日程を終えた。本報告書は、同研究会における口頭発表14件とポスター発表21件を含む35件の全論文を纏めたものである。

The 2013 Symposium on Nuclear Data was held at Research Institute of Nuclear Engineering, University of Fukui, on 14th and 15th of November 2013. The Nuclear Data Division of the Atomic Energy Society of Japan and Research Institute of Nuclear Engineering, University of Fukui organize this symposium in cooperation with Nuclear Science and Engineering Center of Japan Atomic Energy Agency and the Chubu Branch of Atomic Energy Society of Japan. In the oral sessions, papers were presented on topics of progress in neutron cross-section measurement and analysis, application of nuclear data, recent topics on nuclear data measurement and theory, and progress in studies of high-energy nuclear reactions. In the poster session, papers were presented concerning experiments, evaluations, benchmark tests and applications. This report consists of total 35 papers including 14 oral presentations and 21 poster presentations.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.