検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

福島県内のスギ林における表層土壌の特性と放射性セシウム分布

Properties and distribution of radioactive caesium of the surface soil of Japanese cedar forest in Fukushima

石井 康雄; 佐々木 祥人; 菊池 直之; 渡辺 貴善; 小田 好博; 新里 忠史

Ishii, Yasuo; Sasaki, Yoshito; Kikuchi, Naoyuki; Watanabe, Takayoshi; Oda, Yoshihiro; Niizato, Tadafumi

原子力機構では、福島県内における現地調査データに基づいて、山地森林からダム溜池や河川等を通じて河口域、更には沿岸域までの放射性セシウム(Cs-134, 137; 以下、放射性Cs)の移動を予測し、この放射性Csの移動に起因する除染済みエリアの線量率の変化や、生活用水源への混入等に対する技術情報や対策案等の提案を目的とした「福島長期環境動態研究(F-TRACEプロジェクト)」を行っている。本報では、同プロジェクトの森林域を対象とした調査結果の一部を報告する。森林域では、樹木上部の枝葉に付着していた放射性Csは落葉落枝または降雨に伴う林内雨、樹皮表面を流れる水流(樹幹流)により林内の地表へ運搬されると考えられる。同プロジェクトによる2013$$sim$$2014年の調査結果では、林内雨には放射性Csがほとんど検出されず、一方で、樹幹流試料には数$$sim$$数十Bq L$$^{-1}$$のCs-137が含まれることが報告されている。そこで、樹幹近傍における土壌の樹幹流の影響を調べるため、福島県阿武隈山地のスギ林において表層土壌についての調査を行った。

As part of "Long-Term Assessment of Transport of Radioactive Contaminant in the Environment of Fukushima" (F-TRACE project), JAEA have researched to expect the transportation of radioactive caesium from contaminated mountain forests to estuary and coast through dam, pond, river etc. based on survey data in Fukushima prefecture, and to implement technical information and remedial measures to prevent contamination of decontaminated areas and domestic water supply. In the forest area, it is considered that radioactive caesium existed in the tree canopies move to the surface of the ground through litter fall, through fall and stem flow. In this study, we report properties and distribution of radioactive caesium of the surface soils at stem base of Japanese cedar in the Ogi district of Kawauchi-mura to know the influence of the stem flow on soil.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.