検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

アスファルト固化体の塩含有率が放射線分解生成ガス発生に及ぼす影響の評価

Effect of salt content in bituminized waste on radiolysis gas generation

入澤 啓太 ; 目黒 義弘 

Irisawa, Keita; Meguro, Yoshihiro

原子力機構には再処理工程から発生した低レベル及び極低レベル放射性廃液を固化したアスファルト固化体(以下、固化体と略す)が約3万本保管されている。大半の固化体の組成は55wt.%のアスファルトと45wt.%の塩(硝酸塩,亜硝酸塩,リン酸塩,炭酸塩等)であるが、廃液処理のキャンペーンに依存して塩組成や塩含有率が異なる固化体も一部、存在している。この固化体を処分する際には、塩含有率が異なる固化体から発生する放射線分解H$$_{2}$$ガス量を評価することが重要である。そこで本研究では、塩含有率が異なる模擬固化体を作製し、$$gamma$$線照射時における吸収線量及び線量率がH$$_{2}$$ガス発生量に及ぼす影響を各模擬固化体ごとに調べた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.