検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Beam test of a new RFQ for the J-PARC linac

J-PARCリニアックのための新しいRFQのビーム試験

近藤 恭弘; 森下 卓俊; 山崎 宰春; 堀 利彦; 澤邊 祐希; 高木 昭*

Kondo, Yasuhiro; Morishita, Takatoshi; Yamazaki, Saishun; Hori, Toshihiko; Sawabe, Yuki; Takagi, Akira*

J-PARCリニアックの運転に必要な新しい324MHz、3MeV H$$^{-}$$ RFQ (RFQ III)のビーム試験を行った。RFQ IIIは、J-PARCの要求を満たすために設計された初めてのRFQである。ピークビーム電流は50mA、パルス幅は500micro-sec、繰り返しは25 Hzである。2014年夏の、加速器トンネルへのインストールに先立って、オフラインでのビーム試験を行った。透過率やエミッタンスといった基本的なビームパラメータの測定を行ないシミュレーションと比較した。透過率のヴェーン間電圧依存は、実験データとシミュレーションの間で良い一致がみられた。縦エミッタンスの測定値は、x 0.29$$pi$$ mm mrad、y 0.35$$pi$$ mm mradに対し、シミュレーションではx 0.27$$pi$$ mm mrad y 0.31$$pi$$ mm mradであり、よく一致した。この論文では、ビーム試験の結果について述べる。

We performed a beam test of a new 324-MHz 3-MeV H$$^{-}$$ RFQ (RFQ III) for the beam-current upgrade of the J-PARC linac. RFQ III is the first RFQ developed to meet the requirement of the J-PARC linac. The peak beam current is 50 mA, pulse length is 500 micro-sec, and the repetition is 25 Hz. Prior to the installation to the accelerator tunnel in summer of 2014, we constructed a test stand for off line testing of the new ion source and RFQ. Basic performances of RFQ III such as transmission and emittances were measured. In this paper, the beam test results are presented.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.