検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

核鑑識研究開発成果報告書

Report on research and development of nuclear forensics technologies

大久保 綾子; 木村 祥紀; 篠原 伸夫; 戸田 暢史; 舟竹 良雄; 綿引 優; 桜井 聡; 久野 祐輔

Okubo, Ayako; Kimura, Yoshiki; Shinohara, Nobuo; Toda, Nobufumi; Funatake, Yoshio; Watahiki, Masaru; Sakurai, Satoshi; Kuno, Yusuke

核鑑識とは、捜査当局によって押収、採取された放射性物質について、ウランやプルトニウムなどの核物質や関連する物質の組成、物理・化学的形態等を分析し、その物品の出所、履歴、輸送経路、目的等を分析・解析する技術的手段である。核鑑識活動には、対象物質のサンプリング、採取したサンプルの分析、分析結果とデータベースや数値シミュレーションとの比較による解析といった活動が含まれる。核鑑識技術により、不正取引及びテロ等で使用された核物質の起源を特定できるため、犯人を特定し、刑事訴追できる可能性が高まり、核テロ等に対する抑止効果が高まるとともに、核鑑識に関する国際的なネットワークを構成することにより、グローバルな核セキュリティ体制強化に貢献できる。本報告書は、日本原子力研究開発機構において平成23$$sim$$25年度に実施した核鑑識研究開発、すなわち核鑑識に必要な基本的分析技術開発の成果をまとめたものである。

Nuclear forensics is the analysis of intercepted illicit nuclear or radioactive material and any associated material to provide evidence for nuclear attribution by determining origin, history, transit routes and purpose involving such material. Nuclear forensics activity includes sampling of the illicit material, analysis of the samples and evaluation of the attribution by comparing the analyzed data with database or numerical simulation. Because the nuclear forensics technologies specify the origin of the nuclear materials used illegal dealings or nuclear terrorism, it becomes possible to identify and indict offenders, hence to enhance deterrent effect against such terrorism. Worldwide network on nuclear forensics can contribute to strengthen global nuclear security regime. In this paper, the results of research and development of fundamental nuclear forensics technologies performed in Japan Atomic Energy Agency during the fiscal term of 2011-2013 were reported.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.