検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Nuclear structure of $$^{37,38}$$Si investigated by decay spectroscopy of $$^{37,38}$$Al

$$^{37,38}$$Alの崩壊核分光で調べる$$^{37,38}$$Siの核構造

Steiger, K.*; 西村 俊二*; Li, Z.*; Gernh$"a$user, R.*; 宇都野 穣; Chen, R.*; Faestermann, T.*; Hinke, C.*; Kr$"u$cken, R.*; 西村 美月*; Lorusso, G.*; 宮下 雄樹*; 清水 則孝*; 杉本 健一*; 炭竃 聡之*; 渡邊 寛*; 吉永 健太*

Steiger, K.*; Nishimura, Shunji*; Li, Z.*; Gernh$"a$user, R.*; Utsuno, Yutaka; Chen, R.*; Faestermann, T.*; Hinke, C.*; Kr$"u$cken, R.*; Nishimura, Mitsuki*; Lorusso, G.*; Miyashita, Yuki*; Shimizu, Noritaka*; Sugimoto, Kenichi*; Sumikama, Toshiyuki*; Watanabe, Hiroshi*; Yoshinaga, Kenta*

中性子数20領域の中性子過剰核では、魔法数20が消滅することが知られ、殻構造の変化が起きていると考えられている。この論文では、この領域の殻構造をより直接的に調べるため、$$^{37,38}$$Si核の準位構造を$$^{37,38}$$Al核のベータ崩壊によって調べた結果を報告する。$$^{37,38}$$Alを理化学研究所RIBFを用いて生成し、そこからのベータ崩壊後の$$gamma$$線を観測することによって、$$^{37,38}$$Si核の低励起状態の準位構造を得た。$$^{37}$$Siの717keVと1270keVに強く遷移することから、これらの準位は正パリティ状態と同定された。実験で得られた準位構造は殻模型計算によってよく再現され、717keVと1270keVはそれぞれ$$3/2^+$$, $$5/2^+$$に対応することがわかった。この結果は、最近の殻模型相互作用が与える殻構造変化を確かめるものである。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:45.25

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.