検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Prediction of ambient dose equivalent rates for the next 30 years after the accident

事故30年後までの空間線量率の予測

木名瀬 栄  ; 高橋 知之*; 佐藤 仁士*; 山本 英明; 斎藤 公明 

Kinase, Sakae; Takahashi, Tomoyuki*; Sato, Satoshi*; Yamamoto, Hideaki; Saito, Kimiaki

原子力機構では、福島の復興に資するため、福島第一原子力発電所から80km圏内を対象に、環境中に放出された放射性セシウムを起因とする空間線量率の長期的予測手法を開発している。長期的予測手法は、土地利用形態ごとの環境半減期を用いた2成分1コンパートメントからなる二重指数関数モデルを基盤とし、事故30年後までの生活圏の空間線量率を予測する。2014年までに実施された第8次走行サーベイなどによる空間線量率測定データを用いて、減衰が速い成分の環境半減期や減衰が速い成分の割合などのモデルパラメータを導出した。落葉樹や常緑樹のような森林に分類されたエリアにおける減衰が速い成分の環境半減期や減衰が速い成分の割合は、森林以外に分類されたエリアでの値と相違があることが示唆された。また、モデルの不確かさ解析により、事故5年後から30年後のバックグラウンド空間線量率を含む空間線量率を予測する場合、係数2程度の不確かさで推定できることが示唆された。

To support recovery and rehabilitation in Fukushima, prediction models have been developed for ambient dose equivalent rate distribution within the 80 km-radius around the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. The prediction models that are based on bi-exponential functions characterized by ecological half-lives of radioactive caesium for land-use, enable Fukushima residents to obtain distribution maps of ambient dose equivalent rates for the next 30 years after the accident. Model parameters were evaluated using ambient dose equivalent rates through car-borne surveys. The model parameters in deciduous and evergreen forest areas were found to be different from those in other areas. In addition, it was found that distribution maps of ambient dose equivalent rates for the next 30 years after the accident, created by the prediction models would be useful for follow-up of the radiological situation.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.