検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

環境化学分野における新たな分離分析システムの開発

Development of new separation and analytical systems on green chemistry

下条 晃司郎; 杉田 剛; 岡村 浩之; 長縄 弘親

Shimojo, Kojiro; Sugita, Tsuyoshi; Okamura, Hiroyuki; Naganawa, Hirochika

分離変換サイクル開発グループでは放射性廃棄物の処理、重金属汚染、金属資源の安定確保など環境・資源問題を解決するため、新たな分離分析法の1つとして溶媒抽出法に関する研究を行っている。その中で、溶媒抽出法の効率化に関する3つのアプローチ(1)新規抽出剤の開発、(2)抽出媒体の改良(イオン液体)、(3)抽出装置の開発(エマルションフロー法))について紹介する。この若手交流会では、我々の研究について、若手研究者および大学院生に理解してもらい、優秀な人材確保に繋がるよう努力する。

Our group has studied solvent extraction as one of novel separation and analytical methods. We introduce three approaches (synthesis of novel extractant, improvement of extraction media, and development of extraction equipment) to progress solvent extraction systems. In this young meeting, we devote much effort to make graduate students understand our research and to recruit excellent young chemists.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.