検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

福島沖半外洋域に水平輸送される東京電力福島第一原子力発電所事故由来の粒状態放射性セシウム

Lateral transport of Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident-derived particulate radiocesium to semi-pelagic ocean off Fukushima

Buesseler, K. O.*; German, C. R.*; 本多 牧生*; 乙坂 重嘉 ; Black, E. E.*; 川上 創*; Manganini, S. M.*; Pike, S.*

Buesseler, K. O.*; German, C. R.*; Honda, Makio*; Otosaka, Shigeyoshi; Black, E. E.*; Kawakami, Hajime*; Manganini, S. M.*; Pike, S.*

2011年7月から2014年6月までの約3年間、福島第一原子力発電所の南東沖115kmの地点(海底水深1300m)の500m層と1000m層に時系列式セジメントトラップを設置して沈降粒子を捕集し、捕集粒子中の放射性セシウム($$^{134}$$Csおよび$$^{137}$$Cs)を測定した。観測された$$^{134}$$Csフラックスの季節変動が、海洋表層の生物活動の季節変動とは異なることや、捕集粒子の主要成分は鉱物起源物質であること等から、捕集された$$^{134}$$Csは、海洋表層から鉛直的に沈降したものに加え、底層を水平的に移動したものを多く含むと推測された。捕集粒子の$$^{137}$$Csと鉛-210の比($$^{137}$$Cs/$$^{210}$$Pb)から、事故由来の放射性セシウムが吸着した福島周辺の陸棚堆積物の一部が、冬季や荒天時に再懸濁して沖合へと運ばれたことが示唆された。特に、2013年秋季に観測された$$^{134}$$Csフラックスの増加は、福島沖を通過した複数の台風の影響によるものと推定された。福島沿岸の海底に蓄積した事故由来の放射性セシウムが、再懸濁によってどの程度外洋へ水平輸送されていくのかについて、継続的な調査が必要である。

A three year time-series of particle fluxes is presented from sediment traps deployed at 500 and 1000 m at a site 115 km southeast of Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. Results show a high fraction of lithogenic material in sinking particles, suggesting a lateral source of sediments. From $$^{137}$$Cs/$$^{210}$$Pb ratio in sinking particles, it was inferred that accident-derived radiocesium associate with slope and shelf sediments were resuspended and transported laterally to the offshore regions in winter and typhoon seasons. Continuous observation of such transport processes of particulate radiocesium near the seabed would be significant for better understanding of the fate of accident-derived radiocesium.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.