検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

花崗岩中に発達する断層や粘土脈に含まれる鉱物粒子の微細構造

Microscopic structures of mineral fragments from faults and clay veins in granite

丹羽 正和  ; 田辺 裕明; 石丸 恒存; 島田 耕史; 植木 忠正*

Niwa, Masakazu; Tanabe, Hiroaki; Ishimaru, Tsuneari; Shimada, Koji; Ueki, Tadamasa*

断層の活動性の評価には、通常、断層を被覆する地層の変位から活動時期を推定する上載地層法が用いられている。しかし、ボーリングや坑道などの地下で遭遇した基盤岩中の断層や被覆する地層が存在しない地域の断層には、上載地層法を適用することが困難となる。このような断層の活動性を評価するためには、断層運動に伴って生じる破壊や化学反応、熱的なイベントなどを、断層岩や割れ目充填鉱物を対象とした物質科学的解析により明らかにすることが有効な手法となる可能性がある。本研究では、物質科学的解析に基づく断層の活動性評価に資するため、花崗岩中に発達する様々なタイプの断層や粘土脈を対象に、これらに普遍的に含まれる石英および粘土鉱物の電子顕微鏡観察などを行った。発表では、観察した試料ごとの、鉱物粒子の形状や表面構造などの違いについて報告する。

Fault gouge in granitic rocks is commonly clay-rich, as a result of fracturing and comminution caused by concentrated deformation and displacement, and subsequent retrograde hydration reactions. In some cases, fractures filled with clay minerals described as clay veins occur due to hydrothermal alteration. The hydrothermal clay veins associated with secondary shearing through old geologic time, or with secondary non-tectonic slips are often similar in appearance to typical fault gouges in active faults. Thus precise discrimination of active fault gouges from inactive clay veins is important for avoiding misleading estimates of seismic hazard. In this study, in-depth investigations were carried out on clay vein samples from the Hiroshima Granite, central Japan.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.