検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Effect of solute segregation on fracture behavior of Mg alloy

Mg合金の破壊挙動における溶質元素偏析の効果

川 智明*; 山口 正剛  ; 池尾 直子*; 向井 敏司*

Kawa, Tomoaki*; Yamaguchi, Masatake; Ikeo, Naoko*; Mukai, Toshiji*

Mg合金を自動車用構造材料として用いるためには、衝撃試験における破壊挙動を理解し、その特性を向上させることが必要である。本研究では、衝撃3点曲げ試験における溶質元素の影響を調べるため、Mg-0.3at.%Y合金における試験結果をAZ31合金の結果と比較した。その結果、Mg-0.3at.%Y合金における亀裂進展速度はAZ31合金よりも遅くなり、吸収エネルギーは2倍ほど高くなった。これらの結果は、Mgに対するY添加が破壊靭性を向上させることを示している。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.