検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

過酷事故炉を対象とした迅速遠隔分析技術開発,5; 最小二乗法を用いたスペクトル解析技術

Development of quick and remote analysis for severe accident reactor, 5; Analysis of spectra using the least-square method

赤岡 克昭; 大場 正規; 宮部 昌文; 若井田 育夫

Akaoka, Katsuaki; Oba, Masaki; Miyabe, Masabumi; Wakaida, Ikuo

レーザーブレークダウン発光分光を用いた定量分析においては、得られるスペクトルの同定や解析に多くの労力を要する。更に、過酷事故炉で発生した燃料デブリ等の分析においては核燃料物質や核分裂生成物の他に、鉄やジルコニウム等の構造材等が含まれることから、より複雑な解析が求められる。そこで、特定のスペクトル同定や個別解析を要しない評価手法としてスペクトルを固有スペクトルの線形和で最小二乗近似する手法を導入し、その線形係数から組成成分の定量化を試みた。その結果、個別のスペクトル解析を要することなく、得られた線形係数から直線性の高い検量線が得られること、未知濃度のスペクトル推定も可能であることを明らかにした。

For quantitative analysis of the fuel debris using Laser Induced Breakdown Spectroscopy (LIBS), great deal of analysis and identification of spectra are necessary. Therefore, we tried "the analysis of the LIBS spectrum by the least-squares method" as quantitative analysis without identification and analysis of the spectra. As a result, the calibration curves for quantitative analysis could be got without them.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.