検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Shape elongation of embedded Zn nanoparticles induced by swift heavy ion irradiation; A SAXS study

高速重イオン照射に伴う埋め込まれたZnナノ粒子の形状伸長; X線小角散乱研究

雨倉 宏*; 河野 健一郎*; 大久保 成彰   ; 石川 法人   

Amekura, Hiroshi*; Kono, Kenichiro*; Okubo, Nariaki; Ishikawa, Norito

Znナノ粒子に200MeV Xeイオンを照射した後、照射に伴うナノ粒子の伸長と粒子間平均距離を評価するためにSPring-8においてX線小角散乱測定を行った。高照射量領域において、小角散乱信号の方位角依存性が現れ、ナノ粒子の形状変化を検知することができた。また、イオントラック(柱状欠陥集合体)の形成に伴う小角散乱信号は、低照射量でも観測された。この結果は、イオントラックが重畳するときに新たに通過するイオントラックが事前に存在したイオントラックを消去して上書きするオーバーライティングモデルを支持するものである。また、粒子間平均距離は照射量増加に伴って増加し、小さいナノ粒子の分解と大きいナノ粒子の成長を示唆している。

Zinc nanoparticles (NPs) of 10 nm in diameter were irradiated with 200 MeV Xe$$^{14+}$$ ions with various fluences. The shape elongation of the NPs and the mean inter-particle (IP) distance were evaluated by small angle X-ray scattering (SAXS) in the transmission configuration using synchrotron X-ray of 18 keV. The azimuth angle dependence of SAXS signal, which was isotropic for unirradiated state, changed to anisotropic. It indicated that the NPs collectively deformed from spheres to spheroids.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:39.31

分野:Physics, Condensed Matter

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.