検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高速増殖原型炉もんじゅ付近の花崗岩に見られる並走粘土脈を含む小規模破砕帯の活動性評価例

An Example of activity evaluation of minor crush zone including subparallel clay veins in granite near the Monju site

島田 耕史  ; 石丸 恒存 ; 末岡 茂  ; 照沢 秀司; 安江 健一; 丹羽 正和  ; 梅田 浩司

Shimada, Koji; Ishimaru, Tsuneari; Sueoka, Shigeru; Terusawa, Shuji; Yasue, Kenichi; Niwa, Masakazu; Umeda, Koji

重要構造物付近の破砕帯の露出状況は多様であり、上載地層法が適用できない場合の活動性評価手法の整備が必要である。上載地層法は交差切りの法則を用いており、この法則に基づく基盤岩中の構造の切断関係による活動性評価手法は有望である。しかしながら、露出状況による制約や破砕帯自体の特徴として、切断関係が見られない、並走する粘土脈からなる小規模な破砕帯もある。ここでは、そのような事例として、一つの破砕帯露頭を取り上げ、延長部の確認、若いながらも破砕帯を覆う上載地層の年代推定、粘土脈の変位センスの確認、類似の構造を持つ破砕帯との比較、付近の活断層との粘土粒径の比較を行った。その結果、この破砕帯は小規模であり、付近の活断層と変位センスが異なり、活断層の活動時の付随的運動はなく、特異な段差は差別侵食によるものであり、累積変位量も活断層に比べ小さいことが明らかになった。これらからこの破砕帯は起震断層の運動が直接地表に現れた活断層ではなく、活断層に付随してずれ動く弱面としても機能していないと考えられる。

Diverse situation of outcropping crush zones around important building constructions need upgrading of activity evaluation method without the use of overlying sediments. The method using the cross-cutting relations among geologic features in basement rocks is promising. However, minor crush zones without cross-cutting relation are frequently observed. An activity evaluation of such minor crush zone was carried out in one outcrop. The confirmation of an extension of the crush zone, age estimation of young overlying sediments, comparison of sense of shear of clay vein, comparison of outcrop morphology with another crush zone, and clay grain-size measurement of the near active fault and the crush zone are carried out. The results suggest that the crush zone is not an active fault or a weak zone which slips accompanied with the active zone.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.