検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARCでの加工熱処理シミュレータを用いたその場中性子回折の予備実験

First trial of in situ neutron diffraction experiment with thermo-mechanical simulator at J-PARC

Harjo, S.   ; 川崎 卓郎  ; 相澤 一也  ; 柴田 曉伸*; 辻 伸泰*

Harjo, S.; Kawasaki, Takuro; Aizawa, Kazuya; Shibata, Akinobu*; Tsuji, Nobuhiro*

金属材料の加工熱処理制御プロセスをシミュレートするための新しいサンプル環境装置(thermec-mastor)は、文部科学省の構造材料元素戦略プロジェクト内で、京都大学とMLFのBL19(匠)研究グループ間の共同で開発し匠にインストールされた。本装置は、試験片を誘導加熱により加熱し、ガス注入によって冷却できるように設計されている。加熱と冷却の最高速度は約30K/sで、最高速度が100mm/sの圧縮変形を適用することが可能である。本装置の基本設計及び本装置を用いた鉄鋼材料の加工熱処理制御プロセス中のその場中性子回折実験について紹介する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.