検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARCにおけるミューオンg-2/EDM精密測定実験のためのミューオンリニアック

The Muon linac for the precise measurement of muon g-2/EDM at J-PARC

近藤 恭弘 ; 長谷川 和男; 伊藤 崇 ; Artikova, S.; 大谷 将士*; 三部 勉*; 内藤 富士雄*; 吉田 光宏*; 北村 遼*; 岩下 芳久*; 岩田 佳之*; 林崎 規託*; 齊藤 直人

Kondo, Yasuhiro; Hasegawa, Kazuo; Ito, Takashi; Artikova, S.; Otani, Masashi*; Mibe, Tsutomu*; Naito, Fujio*; Yoshida, Mitsuhiro*; Kitamura, Ryo*; Iwashita, Yoshihisa*; Iwata, Yoshiyuki*; Hayashizaki, Noriyosu*; Saito, Naohito

ミューオン加速のための加速器を開発中である。この加速器により、ミューオンの異常磁気モーメントを0.1ppmの精度で、また電気双極子モーメントを10E-21e cmの精度で測定することが可能となり、素粒子の標準理論をこえる物理の探索ができるようになる。このミューオンリニアックは、超低速ミューオン源,高周波四重極リニアック,交差櫛形Hモードドリフトチューブリニアック,ディスクアンドワッシャ型結合空洞リニアック,円盤装荷型進行波リニアックからなる。本論文では、このミューオンリニアックの開発状況、特にビーム力学設計について述べる。

We are developing a muon linac for the measurement of the muon anomalous magnetic moment and search for the muon electric dipole moment to explore beyond the Standard Model of elementary particle physics. This muon linac accelerate from room temperature to 212 MeV with normalized transverse emittances of about 1.5 $$pi$$ mm mrad. The muon linac consists of an ultra-slow muon source, a radio frequency quadrupole (RFQ) linac, an inter-digital H-mode drift tube linac (IH-DTL), a disk and washer coupled cavity linac (DAW CCL), and disk loaded structure (DLS) traveling-wave linac. In this paper, the status of the muon linac development, especially, the beam dynamics simulation is descried.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.