検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARC核破砕中性子源の水銀標的容器に対するフェーズドアレイ超音波探傷器などの非破壊検査による欠陥調査研究

Defect investigation research of nondestructive testing with ultrasonic phased array technologies mainly in JSNS mercury target vessel of J-PARC

若井 栄一; 涌井 隆; 粉川 広行; 直江 崇  ; 荘司 政行; 石川 和義; 安 一三*; 勅使河原 誠; 花野 耕平; 成井 紀男; 羽賀 勝洋; 高田 弘; 二川 正敏; 新宅 洋平*; Li, T.*; 鹿又 研一*

Wakai, Eiichi; Wakui, Takashi; Kogawa, Hiroyuki; Naoe, Takashi; Shoji, Masayuki; Ishikawa, Kazuyoshi; Yasu, Kazumi*; Teshigawara, Makoto; Hanano, Kohei; Narui, Norio; Haga, Katsuhiro; Takada, Hiroshi; Futakawa, Masatoshi; Shintaku, Yohei*; Li, T.*; Kanomata, Kenichi*

J-PARCの物質・生命科学実験施設では高強度の核破砕中性子源を用いて物質生命科学の研究を推進している。この中性子源は水銀標的を用い、316L鋼製の容器内で水銀を流動させて運転している。また、この標的容器は、水銀を入れた容器(厚さ8mm)を2重の保護容器(厚さ: 各3mm)で包んだ多重容器構造を持つ。本研究では本容器の健全性評価において、より有効な検査方法を開発するため、FMV/TFM法(全素子組送受波形収集によるデジタル全フォーカス法)によってリアルタイムに画像処理したフェーズドアレイ超音波探傷器及びX線透過等の試験で本構造体の内部状態や欠陥状態などを詳細に調査をした。その結果、これまで検査が困難であった最外層薄肉容器の未溶接部やき裂を含む内部の欠陥状態等を評価できることが分かった。このため、今後、製作する水銀標的容器に対してこれらの検査方法を適用させていく予定である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.