検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Estimation of depth profile of radiocesium in soil based on characteristics of $$gamma$$-ray spectra obtained by airborne radiation monitoring

無人放射線測定により得られた$$gamma$$線スペクトル上の特徴に基づく土壌中放射性セシウムの深度分布の推定

越智 康太郎; 佐々木 美雪; 石田 睦司*; 佐藤 友彦*; 濱本 昌一郎*; 西村 拓*; 眞田 幸尚 

Ochi, Kotaro; Sasaki, Miyuki; Ishida, Mutsushi*; Sato, Tomohiko*; Hamamoto, Shoichiro*; Nishimura, Taku*; Sanada, Yukihisa

2011年の福島第一原子力発電所(Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, FDNPP)事故により、大量の放射性セシウムが大気中に放出された。文部科学省は、事故による環境への影響を評価するために、FDNPP周辺で空間線量率の測定を行ってきた。しかし、除染が行われ、事故から6年が経過したにも関わらず、依然としてFDNPP近傍のエリアでは、空間線量率が高いままである。この結果は、効率的な除染方法の提案が喫緊の課題であることを示している。土壌中放射性セシウムの深度分布に関する情報は、効率的な除染のために重要である。多くの場合、土壌中放射性セシウムの深度分布を把握するのは、土壌試料の採取及び測定という観点から煩雑である。放射線監視技術開発グループでは、広範囲の汚染されたエリアの空間線量率分布を迅速にモニタリングする手法として、無人ヘリコプターやマルチコプター(ドローン)などの無人機を用いた放射線計測技術を開発してきた。本発表では、土壌中放射性セシウムの深度分布を、無人放射線測定により得られた $$gamma$$線スペクトル上の特徴から推定する方法について報告する。

A large amount of radiocesium ($$^{134}$$Cs & $$^{137}$$Cs) were released into the atmosphere as a result of 2011 Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant (FDNPP) accident. To estimate the impact of the accident to the environment, dose rate around FDNPP have been measured by MEXT. Dose rate nearby FDNPP, however, still stay high even though decontamination work was carried out, which means it is necessary to develop an effective decontamination method promptly. Information of depth profile of radiocesium in soil is required to realize it, though, most of measurement methods have trouble due to collection and measurement of soil samples. As we have developed the radiation measurement techniques using unmanned aerial vehicle to measure dose rate distribution over wide areas for years, we attempt to establish the estimation method of depth profile of radiocesium in soil based on characteristics of $$gamma$$-ray spectra obtained by airborne radiation monitoring in this paper.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.