検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Coupled bunch instability and its cure at J-PARC RCS

J-PARC RCSにおける結合バンチ不安定性とその対策について

菖蒲田 義博; Saha, P. K.; 發知 英明; 原田 寛之; 高柳 智弘; 田村 文彦 ; 谷 教夫; 富樫 智人; 外山 毅*; 渡辺 泰広; 山本 風海; 山本 昌亘; Chin, Y. H.*; 入江 吉郎*

Shobuda, Yoshihiro; Saha, P. K.; Hotchi, Hideaki; Harada, Hiroyuki; Takayanagi, Tomohiro; Tamura, Fumihiko; Tani, Norio; Togashi, Tomohito; Toyama, Takeshi*; Watanabe, Yasuhiro; Yamamoto, Kazami; Yamamoto, Masanobu; Chin, Y. H.*; Irie, Yoshiro*

J-PARC RCSのような1MWの大強度のビームの生成を目指す加速器では、加速器の構成要素とビームは、電磁気的に相互作用(ビームの結合インピーダンス)をして、ビームが不安定になる。RCSでは、それがキッカーとの相互作用(キッカーインピーダンス)で起こることが明らかにされており、ビームを不安定にすることなく大強度のビームを達成する手法について研究がなされてきた。著者らは、最近、ビームのもつ空間電荷効果にはビームを安定化させる働きがあることを発見し、MLF行き用の横方向に大きい200$$pi$$mm.mradのエミッタンス のビームに対しては、1MWのビームを達成する手法を確立した。ところが、MR行き用の50$$pi$$mm.mradのエミッタンスの細いビームに関しては、この手法では、ビームを大強度化する上で限界がある。このレポートでは、このようなビームに対して、どのようにして大強度ビームを達成するか、その対策を議論する。また、現在のキッカーインピーダンス低減化対策の現状も報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.