検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

実環境におけるベンチュリスクラバの除染性能に関する予測評価

Prediction and evaluation of decontamination performance of venturi scrubber in actual environments

堀口 直樹; 吉田 啓之 ; 上澤 伸一郎; 阿部 豊*

Horiguchi, Naoki; Yoshida, Hiroyuki; Uesawa, Shinichiro; Abe, Yutaka*

ベンチュリスクラバは原子力発電所におけるフィルタ付ベントシステムの構成機器として導入されており、核分裂生成物を含む微小なエアロゾルを除去する役割がある。しかしながら、ベントシステムの運用時に想定されうる全ての圧力条件範囲において除染性能を予測する手法はない。そこで、本研究は、機構論的な流動解析コードをベースとした除染性能解析手法を構築し、これによって実環境で想定される流動及び除染性能に関する知見を得ることを目的とした。解析の結果、ベンチュリスクラバの入口圧力が下がるにつれ、ベンチュリスクラバ喉部での流入する気相の速度は抑制されること、自吸される液相速度は変化すること、除染係数は増減傾向となることがわかった。またエアロゾル径が大きくなるにつれ除染係数が増加することがわかった。

Venturi scrubber is installed in nuclear power plant as a component of filtered venting system and used to remove small aerosols with fission products. There is, however, no method to estimate its decontamination performance in the assumed operating pressure range. In this study, we establish a method to estimate the decontamination performance based on mechanistic thermal hydrodynamic simulation code and report simulated results of the thermal hydrodynamics and decontamination performance in the pressure range in the pressure range in actual environments. With decrease in inlet pressure of the Venturi scrubber, gas flow velocity at the throat of it is suppressed, liquid flow velocity in a hole of it by self-priming changes and the decontamination factor changes were obtained. Also, with larger the aerosol diameter, the decontamination factor become larger was obtained.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.