検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARC加速器の現状

Status of J-PARC accelerators

長谷川 和男; 金正 倫計 ; 小栗 英知 ; 山本 風海  ; 林 直樹 ; 山崎 良雄; 内藤 富士雄*; 堀 洋一郎*; 山本 昇*; 小関 忠*

Hasegawa, Kazuo; Kinsho, Michikazu; Oguri, Hidetomo; Yamamoto, Kazami; Hayashi, Naoki; Yamazaki, Yoshio; Naito, Fujio*; Hori, Yoichiro*; Yamamoto, Noboru*; Koseki, Tadashi*

J-PARCでは2016年の夏季メンテナンス終了後、加速器の立ち上げや調整を経て、10月下旬からニュートリノ実験施設(NU)、11月上旬から物質・生命科学実験施設(MLF)の利用運転を再開した。NUでは、前回の利用の終了時点(2016年5月)で420kWの出力であったが、チューンの変更や多くのパラメータの最適化調整により、2017年1月には450kW、2月に470kWまで向上した。一方ハドロン実験施設(HD)に向けて2017年4月に調整運転を開始したが、静電セプタムの不具合により停止し、復旧作業により再開し37kWで供給した。MLFでは、2016年度の2回の中性子標的の不具合を受け、新しい設計で標的を製作中であり、それが納入される2017年夏までは150kWのシングルバンチで供給した。2016年度全体では、リニアック、3GeVシンクロトロン(RCS)、MLFともに安定に運転ができ、稼働率は93%であった。一方メインリング(MR)では、小動物のトランスへの侵入や、性能向上に向けた新しい電源の使用開始に伴うノイズによる不具合などがあり、NU向けで約77%、ハドロン向けで約84%の稼働率であった。本発表では、こうしたJ-PARC加速器の運転状況について報告する。

After the summer shutdown in 2016, the J-PARC restarted user operation late in October for the neutrino experiments (NU) and early in November for the materials and life science experimental facility (MLF). The beam power for the NU was 420 kW in May 2016, but increased to 470 kW in February 2017 thanks to the change and optimization of operation parameters. For the hadron experimental facility (HD), we started beam tuning in April, but suspended by a failure of the electro static septum. After the treatment, we delivered beam at the power of 37 kW. We delivered beam at 150kW for the MLF. In the fiscal year of 2016, the linac, the 3 GeV synchrotron (RCS) and the MLF were stable and the availability was high at 93%. On the contrary, the main ring has several failures and the availabilities were 77% and 84% for NU and HD, respectively.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.