検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

加熱中その場放射光X線回折による焼もどし組織の定量解析

Quantitative analysis of tempering microstructure via ${it in-situ}$ synchrotron X-ray diffraction during heating

諸岡 聡; 川田 裕之*; 大場 洋次郎*; 佐藤 真直*

Morooka, Satoshi; Kanata, Hiroyuki*; Oba, Yojiro*; Sato, Masugu*

Q&P(Quench and Partitioning)プロセスは、鉄鋼材料を高い衝撃吸収性を維持したまま高強度化するための有効的なミクロ組織制御法の一つである。本研究は、Q&Pプロセスで重要となる炭素分配挙動を任意の時間軸で観測し、炭素拡散挙動を定量化することを目的とする。本実験は産業利用IビームラインBL19B2を使用して、加熱中その場放射光X線回折測定を実施した。加熱による任意時間の回折線に対して、格子面間隔・積分強度の情報を評価することで、ミクロ組織の変化の乏しい温度域での炭素分配挙動を把握することに成功した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.