検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Outline of Japan Atomic Energy Agency's Okuma Analysis and Research Center, 3; Laboratory-2

日本原子力研究開発機構大熊分析・研究センター第2棟の概要

伊藤 正泰; 小川 美穂; 井上 利彦; 吉持 宏; 小山 真一; 小山 智造; 中山 真一

Ito, Masayasu; Ogawa, Miho; Inoue, Toshihiko; Yoshimochi, Hiroshi; Koyama, Shinichi; Koyama, Tomozo; Nakayama, Shinichi

日本原子力研究開発機構大熊・分析研究センター第2棟は、燃料デブリの処理技術の技術開発に活用される予定である。具体的な分析内容とその重要性は、2016年度に専門家委員会で議論された。燃料デブリの回収と臨界管理に関するトピックを最も重要な内容としている。その結果、形状・サイズ測定、組成・核種分析、硬さ・靭性試験、線量率測定などの試験を行う装置を導入することが優先されることになった。また、試料は受入れ時、線量率(1Sv/h以上)が高いため、十分な放射線遮蔽能を有するホットセルが使用される。ホットセルでは、試料の切断や溶解などの前処理が行われる。処理された試料は、コンクリートセル,スチールセル,グローブボックス、およびフードで試験される。2017年度に第2棟の詳細設計を開始した。

Laboratory-2 of the Okuma Analysis and Research Center will be used for the technological development of techniques to treat and dispose fuel debris, etc. The specific analytical content and its importance has been discussed by an experts committee in FY 2016. The committee regarded fuel debris retrieval and criticality control related topics as the most important content. As a result, it will be a priority to introduce equipment to perform examination such as shape and size measurement, compositional and nuclide analysis, hardness and toughness test, and radiation dose rate measurement. In addition, since sample will have high dose rates (1 Sv/h or more) at the time of reception, hot cells with enough radiation shielding ability will be used. In the hot cell, the pre-processing will be performed, such as cutting and dissolution of samples. Processed samples will be examined in concrete cells, steel cells, glove boxes and fume hoods. Detail design of Laboratory-2 started on FY 2017.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.