検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

林野火災跡地における水圏への放射性セシウム流出源となる残留炭化物調査

Study on residual charcoal particles contributed to outflow of radiocaesium from the site of wildfire to hydrosphere

野村 直希*; 新井 宏受*; 倉元 隆之*; 新里 忠史 ; 林 誠二*

Nomura, Naoki*; Arai, Hirotsugu*; Kuramoto, Takayuki*; Niizato, Tadafumi; Hayashi, Seiji*

2017年4月に福島県浪江町の十万山で林野火災が発生した。当該地域は原子力発電所事故由来の放射性セシウムにより汚染され、帰還困難区域に指定された比較的線量の高い地域であることから、林野火災に伴う大気・水圏への放射性セシウムの流出が懸念される。そこで我々は、林野火災跡地における土壌-水圏での放射性セシウム動態に関する調査を行ってきた。本研究では特に、水圏への放射性セシウムの流出源となる可能性がある残留炭化物に着目した。炭化物に含まれるイオンの溶出特性はイオン種や生成温度に影響を受けるとの報告があることから、本研究では残留炭化物の生成温度の推定及び放射性セシウムの溶出特性を明らかにすることを目的とし、林野火災跡地で採取した試料に関する熱分析、放射能分析及び溶出試験を行った。

Wildfire in the mountainous forest of Fukushima, approximately 11 km west-north of the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant, burned 75 ha, which was occurred on 29th April and extinguished on 10th May 2017. In this study, we estimate the burning temperature and radiocesium elution characteristics of the residual carbides based on the thermal analysis and the dissolution test for the samples collected at the site of the wildfire to assess the impact of the wildfire on the radiocesium outflow.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.