検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

偏極Xe標的を用いた中性子-原子核スピン相関項の研究

Study of neutron-nuclear spin correlation term with a polarized xenon target

酒井 健二 ; 奥 隆之; 原田 正英; 甲斐 哲也 ; 廣井 孝介; 林田 洋寿*; 吉良 弘*; 清水 裕彦*; 広田 克也*; 奥平 琢也*; 山本 知樹*; 猪野 隆*

Sakai, Kenji; Oku, Takayuki; Harada, Masahide; Kai, Tetsuya; Hiroi, Kosuke; Hayashida, Hirotoshi*; Kira, Hiroshi*; Shimizu, Hirohiko*; Hirota, Katsuya*; Okudaira, Takuya*; Yamamoto, Tomoki*; Ino, Takashi*

中性子基礎物理学において、弱い相互作用の増幅効果が期待できる中性子共鳴ピークでの時間反転非保存項(TRNC)の検証は重要な研究テーマである。パリティ非保存項(PNC)の増大が測定され、スピン交換光ポンピング(SEOP)法による高偏極が期待できるXeは、TRNC項検証の有力な標的候補であるものの、TRNC項と干渉すると予想される中性子-原子核スピン(${bf s・I}$)相関項に関する測定データはほとんど報告されていない。我々は物質・生命科学実験施設の狭いビームラインに設置可能な小型SEOPシステムによる偏極Xe標的を開発した。さらに核破砕中性子源で得られる高強度の熱外中性子ビームを利用した${bf s・I}$相関項の測定を検討し、その第一段階として$$^{129}$$Xeの9.6eV共鳴ピークでの中性子偏極能力の測定を行い、初期結果ではあるが有意な値を得た。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.