検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

JASMINEコードによる格納容器内溶融炉心冷却性

Evaluation of molten core coolability in containment vessel using JASMINE code

岩澤 譲 ; 松本 俊慶 ; 川部 隆平; 安島 航平; 杉山 智之 ; 丸山 結 

Iwasawa, Yuzuru; Matsumoto, Toshinori; Kawabe, Ryuhei; Ajima, Kohei; Sugiyama, Tomoyuki; Maruyama, Yu

軽水炉シビアアクシデント時における格納容器内での溶融炉心冷却性を評価する手法を開発することを目的として、JASMINEコードの改良を行った。溶融炉心冷却性には、生成した溶融炉心の粒子同士が結合して塊状(アグロメレーション)となる現象に加えて、溶融炉心が格納容器床面を広がる現象が重要となる。JASMINEコードに組み込まれたこれらの現象に関するモデルを、スウェーデン王立工科大学で実施されたDEFOR-A実験とPULiMS実験をもとに改良した結果、実験結果の予測性能が向上した。

For assessment the molten core coolability during severe accident in LWRs, we improved the models in the JASMINE code regarding to agglomeration of melt particles and melt spreading in containment vessel based on the DEFOR-A and the PULiMS experiments conducted by KTH. The improved models generally show good agreement with these experimental results.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.