検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Analysis of interlocked events based on beam instrumentation data at J-PARC Linac and RCS

J-PARC LinacおよびRCSでのインターロック事象の解析

林 直樹 ; 畠山 衆一郎; 三浦 昭彦; 吉本 政弘; 二ツ川 健太*; 宮尾 智章*

Hayashi, Naoki; Hatakeyama, Shuichiro; Miura, Akihiko; Yoshimoto, Masahiro; Futatsukawa, Kenta*; Miyao, Tomoaki*

J-PARCは、多目的なユーザー実験施設であり、加速器の安定性は、重要な課題の一つである。安定的な運転を実現するには、インターロックが起こった事象を集め、解析し、その本質的な要因を調べる必要がある。J-PARCリニアックでは、ビームロスモニタ,電流モニタの波形が記録から事象の分類を行った。リニアックでは、ロスモニタ一台のみの発報事象が非常に多くなっており、その解析を行った。その結果、多くはビーム停止が不要であることが判明し、ロスモニタの新しい運転条件を決めて発報頻度が低減するか、確認を始めたところである。また、J-PARC RCSでは、インターロック時の詳しいビーム位置を記録するための新しい機器を導入し、事象の解析を進めている。本論文では、現在の状況と今後について報告する。

J-PARC is a multi-purpose facility. Accelerator stability is the one of important issues for users of this facility. To realize stable operation, we must collect data on interlocked events and analyze these data to determine the reasons for the occurrence of such events. In J-PARC Linac, data of interlocked events have been recorded using several some beam loss monitors and current monitors, and these data have been are analyzed and classified. In J-PARC RCS, new instrumentation is being introduced to obtain beam position. We discuss the present status and future plans related to this subject.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.