検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

クリアランスの現状と課題,5; 福島第一原子力発電所における低線量がれきの限定的な再利用の考え方

Current status and issues for clearance, 5; Concept of restricted use of contaminated rubbles in the Fukushima Daiichi NPS

島田 太郎; 三輪 一爾; 武田 聖司

Shimada, Taro; Miwa, Kazuji; Takeda, Seiji

福島第一原子力発電所(以下、1Fという)敷地内に保管されている表面線量率5$$mu$$Sv/h未満の汚染がれき類を資源化して敷地内に限定して再利用することが検討されている。1F敷地内のように放射線管理が実施されている現存被ばく状況において、汚染した資機材等の限定的な再利用の考え方などが示された例はない。そこで、適切な安全規制のために、1F敷地内での線量管理下の現存被ばく状況における再利用評価の考え方、1F敷地内での運用されている作業者及び周辺公衆の安全確保策に応じためやす濃度算出の方法論を構築するとともに、1F敷地内での道路材及びコンクリート構造材に関して用途別の資源化物のめやす濃度を試算して、とりまとめた。本報ではこの評価の方法について解説するとともに、1F敷地内の限定的な再利用の評価の一例について紹介する。

Rubbles less than 5 $$mu$$Sv/h of surface dose rate, which are stored outdoor in the Fukushima Daiichi NPS (1F) site, will be recycled and applied in a restricted reuse only within 1F site in the future. However, there is no precedent for establishing the reference values such as dose and/or concentration for reuse or recycling under the existing exposure situation. In this study, we suggested a concept for establishing the reference radioactive concentration of recycling material for the restricted use in the 1F site. In addition, based on the concept, we calculated the reference radiocesium concentrations of the recycling material used for paved roads and the bases of concrete building.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.