検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARC高強度全散乱装置NOVAを用いた磁気PDF解析法の開発

Magnetic pair distribution function (mPDF) analysis at neutron total scattering spectrometer NOVA

樹神 克明  ; 本田 孝志*; 池田 一貴*; 社本 真一  ; 大友 季哉*

Kodama, Katsuaki; Honda, Takashi*; Ikeda, Kazutaka*; Shamoto, Shinichi; Otomo, Toshiya*

原子対相関関数(PDF)は大雑把に言えば、ある原子からどの距離にいくつの原子が存在するかをあらわす物理量であり、周期性を持たない原子配列を調べる上で有効である。これの磁性バージョンが磁気対相関関数(磁気PDF)であり、ある磁気モーメントからどの距離に、どちらの方向を向いた磁気モーメントがいくつ存在するかを示す関数であり、こちらはスピングラスやスピン液体のような周期性を持たない磁気配列を調べる上で有効と考えられる。この磁気PDF解析はColumbia大Billingeグループが先行して開発してきたが、我々もJ-PARCに設置されている全散乱装置NOVAを用いて磁気PDF解析の開発に取り組んできた。発表ではBillingeグループらが提案した磁気PDFの計算式の修正項の追加、標準試料である反強磁性体MnF$$_2$$および強磁性体MnSbの磁気PDF解析、スピングラス物質Mn$$_{0.5}$$Fe$$_{0.5}$$TiO$$_3$$の磁気PDF解析の結果を報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.