検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

核変換システム開発のための長寿命MA核種の高速中性子捕獲反応データの精度向上に関する研究,4; MA核データ評価手法の開発

Study on accuracy improvement of fast-neutron capture reaction data of long-lived MA for development of nuclear transmutation systems, 4; Development of MA nuclear data evaluation method

岩本 信之 ; 岩本 修 ; 中村 詔司 ; 木村 敦  ; 片渕 竜也*; Rovira Leveroni, G.*

Iwamoto, Nobuyuki; Iwamoto, Osamu; Nakamura, Shoji; Kimura, Atsushi; Katabuchi, Tatsuya*; Rovira Leveroni, G.*

高速中性子エネルギー領域における中性子捕獲断面積に対して、統計モデルによる計算精度を高めるには、ガンマ線強度関数の情報が重要である。これは、ガンマ線強度関数が励起状態間のガンマ線による遷移強度を与えるためであり、放出ガンマ線のスペクトルに直接関係するからである。ガンマ線強度関数に関する情報はいくつかの実験手法で得られているが、J-PARC・物質生命科学実験施設の中性子核反応測定装置(ANNRI)に設置されたガンマ線検出器で得られる波高スペクトル情報もガンマ線強度関数を評価するのに有効である。放射線輸送コードPHITSを使って、ANNRIのNaI(Tl)検出器に対するガンマ線応答関数を導出し、これを核反応計算コードCCONEでガンマ線強度関数から計算した捕獲ガンマ線スペクトルにフォールディングすることで波高スペクトルを求めた。得られた波高スペクトルとNaI(Tl)検出器で測定された結果を比較することで、ガンマ線強度関数を評価した。発表では、このガンマ線強度関数を基に計算したガンマ線スペクトルや中性子捕獲断面積などの結果を報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.